ガン ヴァン

フランス 試飲学 赤ワイン

ガン ヴァン 2018年(篠原麗雄プロデュース)

2021年7月6日

テクニカルデータ

商品名:ガン ヴァン 2018年
価格:2,800円
生産者:クロ・レオ(Clos Leo)
タイプ:赤(フルボディ)
呼称:フランス/フラン・コート・ド・ボルドー
認証:ビオディナミ ビオロジック/エコセール
品種:メルロー 65%、カベルネソーヴィニヨン15%、カベルネフラン10%、マルベック10%
SO2:24㎎/L
アルコール度数:14%

テイスティング

【外観】
深いガーネット色。濃い色合い。

【香り】
完熟したカシス、ブラックベリーのアロマ、スパイス、ココア、ドライフルーツのニュアンスが混ざる。

【味わい】
口に含むと豊かで収斂性のあるタンニンが広がり、凝縮感のある果実味と芯の通ったミネラル感がボディを形成する。エレガントで雅なフルボディ。

3日目:まだ美味い。タンニンと果実味のメリハリがハッキリとしたエレガントスタイル。収斂性を感じミネラリー。

ペアリング

肉料理全般。

テロワール

土壌は粘土石灰質。標高87m、南南西向き。面積・収量は28ha・22hl/ha。

生産者

クロ・レオ(Clos Leo)

オーナー篠原麗雄は兵庫県宝塚生まれの日本人醸造家。大阪のワイン販売店で働いていたが、ジャン・リュック・テュヌヴァンに誘われ渡仏し、サンテミリオンのシャトー・ヴァランドローでワイン造りを手掛けた後、2002年にカスティヨンで0.83haのブドウ畑付きの家を購入した。ガン・ヴァンは篠原麗雄らしい上品でしなやかな個性を兼ね備えながらも、気軽に普段の食卓で多くの方々に楽しんで頂く、篠原麗雄プロデュースのカジュアルワインである。

総評 4/5点

ワイン・ライン管理人

ワイン・ライン荒野

どこか日本らしい雅な雰囲気を醸し出すエレガント・ボルドー。
アロマに完熟感がありながら、味わいは豊かで収斂性のあるタンニンを感じる。一本芯の通った色気あるワイン。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ワイン・ライン 荒野

【ワインは学問であり芸術である】がモットー!ワイン・ライン代表。本業と副業で、ワインショップや酒売場の勤務経験が10年突破しました。ワインエキスパートと調理師の資格所持。ワイングラス日本酒アワード審査員。帰国子女。宜しくお願いします。 ▶プロフィール・お問い合わせ

-フランス, 試飲学, 赤ワイン
-,